会社設立の必要性を考える

資本主義社会とは、お金で周るものであり、現代社会に
生きている以上、働いてお金を生み出し続ける必要が
あります。
しかし、その方法は、会社に勤めるとか、いい学校を卒業する
という方法だけには留まらなくなってきました。
資産運用など、金融の知識があれば、何時間もの労働分の
お金を手に入りますし、上流階級にとって、素直に働く
人間を量産するシステムは、情報社会によって崩れつつあります。
ですから、お金を効率よく生み出す知識がある人は、
会社設立して、効率よく資本主義社会を生き抜いたほうが利口です。
例えば、FXで大きなお金を残せるようになった場合、法人にすれば、
高いレバレッジを設定できるので、証拠金が小さくて済むし、
税金も限られてきます。
スポーツ選手でも、年俸が何億円という世界になると、個人扱いで
まともに貰って、半分以上もって行かれてしまうより、
会社設立して法人にして、そこに所得が入るという形にすれば、
かなりの節税になるでしょう。
あらゆるお金を生み出す知識が、皆に備わってきている時代
だからこそ、会社設立の必要性は増しているのではないでしょうか?