会議室の理想というものについて

私は会社でよく会議室を利用するのですけど、たいていは普通の部屋の中に黒板のようなものがあったりして、味気ないということが多いのです。
これは、別に応接室のようなものではないということがありますので、飾りつけというものはそれほど重視されていないということがあるのです。
しかし、それは最近の定義というものから考えるとどうやら変わってきているようでして、会社によってはとても利用しやすいように整った環境になっているということがあるみたいなのです。
確かにこういうものについては決定権は責任者にあったり総務課の人が決めるということがありますので、そういう点においては私のような平社員が意見するような余地はないと思われます。
もっとも、どういう仕事をしているかということについて、会議というものの性質も変わってきますし、ティールームでお茶を飲みながらするようなものもありますから、かなりバリエーションに富んでいるということがあり、とても幅広いものがあるといわれているのです。