会議室に3Dテレビ

会議室という場は会社の方針を決める大切な場所です。
そのため、少しでも快適かつ有効的に議論を交わせるようにいろいろな工夫を、机や椅子や空調にいたるまで従来から施してきました。
そして、最近ではネットを介したテレビ電話を使ったリアルタイムで他の会議室と議論をすることが可能となりました。
それにより、一々一つの会議室に集まる必要がなくなり時間の短縮・交通費の節減に繋がりました。
ただ、今までのテレビ電話は2次元の平面上であるため、どこか現実味にかけることであったのは間違いありません。
さらに、商品開発などでは平面上のテレビ画面からではサンプルをよく理解することは難しいものです。
ですから、平面上なテレビ電話から立体的なテレビ電話にするべきだと思います。
つまり最近登場した3Dテレビとそれ専用のカメラを取り付けるのです。
そうすることで、より現実味を増した議論をすることができるはずです。
また、サンプル商品もより正確に把握することもできます。