テレビ台は慎重な選択が必要です

テレビ台というと地デジ化前までは、ブラウン管のテレビで
相当な重量物を支える為の台が必要でした。

しかし、大画面液晶テレビの時代になり、以前のブラウン管の
テレビとは違う点を考慮する必要がでてきました。

まず、テレビ台が通常の家具と異なる最大の点はテレビとビデオデッキ
を接続するためのケーブルを通す穴が開いている点です。
最近ではHDMIケーブルで何本もケーブルを通す必要がなくなりましたが
ケーブルの長さなどい穴の位置を確認する必要があります。
また、テレビ台の奥行きなのですがテレビ自体は薄型になっているのですが、
大画面になっていますので、テレビの台座は大きいのでテレビ台の奥行きは
それなりに必要ですし、DVDやブルーレイのデッキやゲームをおく場合に
奥行きが必要となります。

また、横幅に関しても実際にはテレビの台座幅があれば置くことに関しては
問題ないのですが、テレビとテレビ台のバランスを考えるとテレビの液晶画面の
幅までは確実にテレビ台がある方がバランスよく感じます。
また幅が少ない場合は縦長なバランスで不安定な感覚がする場合があります。

また最近のテレビの大画面化により、視聴者が見やすくする為に台自体が低く
なってきています。